MENU

探偵に依頼して証拠を掴んだ体験談

私は結婚して10年目を迎える30代の女性です。
私と夫は結婚当初はお互い愛し合っていたので、仲良く夫婦生活をしていました。
しかし私が子供を出産してからは、私から気持ちが離れていくのがうすうすと分かりました。

 

そしてその頃から夫の帰りが遅くなることが多かったので、もしかしたら浮気をしているのではないかと疑いました。
そのためいろいろと夫のものをチェックしていたら、携帯電話に知らない女性とのツーショットの写真が写ってました。
私は浮気をしているのは間違いないと思いました。

 

そして夫に事実を認めさせるには、なにか証拠が必要になってきます。
そのため私は物証を掴むために探偵事務所に依頼することにしました。
探偵の浮気調査はかなり細かいところまで調べてくれると聞いていたので、証拠を掴むには最適の方法だと思いました。

 

そして私は実績が1000件以上ある、原一という大手の探偵事務所にお願いしました。
この探偵事務所は100人近くの所員がいるので1案件に複数の人が関わってくれます。
そのため調査も短期間で終えて、かなり細かいところまで調べてくれたので証拠としては十分すぎるものでした。

 

その後私は夫に対して探偵に尾行をしてもらった写真や資料を元に問い詰めたら、認めてもう絶対しないと私に約束してくれました。
探偵に浮気調査をしてもらって正解でした。
当たり前ですが、携帯の中の女性の写真も削除させました。

 

浮気の物証としてはデジタルカメラでは弱い

浮気調査の証拠を掴むために、自分で尾行などをして後をつけるということを行っているケースもあるかもしれません。
それで決定的瞬間とも言える写真を収めたとしても、それがデジタルカメラだった場合、裁判などでは物証能力があまり発揮できません。

 

浮気の決定的瞬間といえども、状況証拠として扱われる可能性もあります。
それは何故でしょうか?

 

それはデジタルデータの写真は編集することが簡単だからです。
だからこそ、いくら綺麗にとれるとはいえ、デジタルカメラは、都合のいいように編集もできてしまうため、そこが欠点とも言えます。
今はデジタルカメラしか持ってないという家庭は多いかもしれませんから、そうであれば浮気調査で証拠を自力で掴むのは困難かもしれません。

 

そうなれば、やはり探偵事務所に依頼をして、プロにやってもらうのが良いかもしれません。
浮気の写真を撮影するまでに尾行の段階でバレるというリスクもあるので、尚更普段からそういうことに慣れている人たちの方が良いわけです。

 

下手にバレて、警戒されて、余計に証拠が掴みづらくなるのは避けたいので、自分で動いて失敗する可能性、確実に掴むのは難しいという可能性を考慮するならば、探偵事務所や興信所の依頼して、決定的な浮気の写真を撮影してもらった方が良いでしょう。

 

 

夫(妻)の行動があやしいと思ったら、まずは浮気調査です!
携帯の着信履歴やメール、GPSの記録などは証拠としては弱いのをご存知ですか?
調停や裁判で通用する証拠を掴んでおけば、夫婦生活を続けるにしても、離婚するにしても有利に事を運べます。

 

浮気調査