浮気調査費用がいくら掛かるか心配ですか?

浮気の証拠集めを探偵に頼もうかな?と思った時に、最初に気になるのはやはり「料金」でしょう。
探偵社を利用したいけれど、どのくらいの調査費用がかかるのか見当もつかないという人もいるのでしょう。

こんな時には、まずは気になっている探偵社のホームページを確認してみることをおすすめします。
ちゃんとした探偵社であれば、料金表の一覧を掲載しているでしょうから、そこで大体の費用の目安を知ることができるでしょう。

ただし、浮気調査はケースバイケースです。
1~2日ですぐに証拠を掴むことができ、「ラブホテルや相手の家に入っていく画像や動画」や、どのようなスケジュールで不倫をしているのかをすぐに確認できる場合もあります。
「浮気や不貞行為について、もしくは恋人同士のように語り合っている会話を録音した音声データ」なども、証拠になるかもしれません。

ですが、不倫相手に頻繁に会わないようにしている、手口が巧妙でわかりにくいような不貞行為の場合には、尾行や張り込みも長期化する傾向にあります。
特に、以前浮気がバレた経験がある人や仕事が多忙な人がターゲットの場合には、より調査が困難になることもあるでしょう。
そうなってきますと、費用もだいぶ変動するかもしれません。

また、事務所によっても料金が変わってきます。
探偵は無資格で始められるものですから、探偵事務所のなかにはあまり質の良くないところもあります。
「低料金だから優れている」というわけではありませんので、その点には気をつけましょう。

浮気調査にあたって金額が気になる方は、まず探偵と直接会い、話を聞いた上で見積もりして貰いましょう。
・質問に答えず、費用をアップするための話ばかりしてくる
・説明や見積もりに曖昧な点が多い
・感じが悪い、誠実ではない印象を受ける

このような印象が残った場合には、他の探偵事務所をあたったほうがいいかと思います。
浮気調査は、1週間で数十万~百万円ほど費用かかるというデータもあります。
これだけの大金を支払うのですから、信頼できる探偵社を選びたいもの。
そのためにも、探偵社の質は吟味しましょう。

浮気調査で夫・妻の不倫の証拠を掴む方法と体験談

浮気調査を探偵に依頼するのは理由は?

「浮気の証拠集めなんて、実際のところは誰にでもできそう。簡単に見える」
「こっそり尾行をして、写真や動画を撮ればいいだけじゃないの?」
「探偵に頼むくらいなら、自分でやったほうが安く上がるのではないか」
という意見があります。

しかし、そんなに浮気調査は甘いものではありません。
「尾行をしていたら、すぐに見失ってしまった」「証拠を集めようとしていたら逆にそれを悟られ、メールや画像を消去されてしまった」という人は、少なくないのです。

それに、浮気調査ができるだけの時間の余裕がある人はなかなかいません。
「昼間は仕事で忙しい」「小さな子供がいるから、その子を一人にして出かけられない」という理由をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そういう時に、探偵に浮気調査を依頼すればいいのです。
早ければ数日で証拠が入手できるでしょう。

ちなみに、探偵が浮気調査として行う内容といえば、やはり「尾行」です。
尾行をすることで、ターゲットがいつ、どのようなサイクルで不貞行為をしているのかを掴みます。

そして、「ホテルや相手の家に入る瞬間の写真」「車内でキスや抱擁をしている写真」などを物証として押さえ、依頼者に渡すのです。
こういった写真は明らかに不貞行為が存在したという証拠になりますから、離婚の調停や裁判においても非常に有利になります。

また、明らかに不倫が原因での育児放棄があった場合には、きちんと形にして残すことで、男性側が親権をとるための“切り札”になる可能性もあります。
そのためにも、はっきりとした浮気の証拠を手に入れることができる探偵事務所の調査を、上手に利用する必要が出てくるでしょう。

もちろん、自己流のやり方で調査を行う人もいます。
ですが、いざ不貞行為の現場を目撃してしまって、カーッとなってしまいその場に飛び出してしまったり、生々しい現場の雰囲気にショックを受けてしまい大きな心の傷を負う人もいらっしゃいます。

冷静さを保ち、有利な条件で離婚するためにも、プロである探偵任せたほうがいい場合もあるのです。
浮気をしたパートナーとその相手にキッチリ制裁を加えるためにも、落ち着いて交渉するための証拠を集めましょう。

浮気調査で夫・妻の不倫の証拠を掴む方法と体験談

浮気調査にGPSってどうなの?

浮気調査をする際に、GPSを活用している現場が増えているそうです。

そもそも、『GPS』とは何なのか、ご存知でしょうか?
「Global Positioning System」の略称で、あらかじめ設定をしておけば、その機器がどこの場所にあるのかを割り出してくれる機能を備えているものです。
いわゆる「キッズケータイ」などに搭載されていることも多いので、ご存知の方もたくさんいるでしょう。

この「GPS」は、浮気調査で大活躍すると言われている理由は、ズバリその機能にあります。
尾行をする時に、パートナーの車のトランクや座席の下、ダッシュボードなどに隠しておけば、どこに移動したのかが一目でわかります。

また、バイクなどの尾行しにくい乗り物を愛用しているターゲットでも安心して尾行できます。
なんとカバンに入れることができるほど、超小型の機器も存在するそう!

GPSを上手に利用すれば、
「ラブホテル街に移動した」
「相手の家に入り、数時間出てこない」
といった浮気にありがちな相手の動きを掴みやすく、見失うこともありません。
リアルタイムで、相手の位置を確認することもできます。

また、パソコンやスマートフォンさえあれば、その場で位置を確認することも可能です。
証拠の写真や動画を撮影する際にも、非常に役立つと言われています。
探偵事務所も浮気調査をする際に、GPSを使うところが増えているそうです。

なお、探偵事務所によっては、機器をレンタルしているところもあるそうです。
浮気をしているという確信が持てないけれど「相手の行動パターンを把握しておきたい」「相手や家族には、浮気調査をしていることを絶対に知られたくない」「予算をかけずに、こっそり調べたい」という顧客に受けているそうです。

このようなGPS機器は、機械が苦手な人、特に女性にとっても操作が簡単なように作られています。
取り付けも簡単だそうです。
探偵社によってその費用は違いますが、探偵に直接浮気調査を依頼するよりはリーズナブルだと言われています。
ただし、多忙な方や家をなかなか空けられないような方は、探偵事務所に依頼したほうが確実に証拠を手に入れることができるでしょう。

浮気調査で夫・妻の不倫の証拠を掴む方法と体験談

FaceTimeに写っていたのは、浮気相手の部屋の壁だった!

飲み会が多い部署に異動した頃から、夫の帰りがだんだん遅くなってきました。
お酒や香水の匂いがするのは毎晩だったので、何度、聞いても接待で自分は行きたくないスナックにお客さんを連れて行った、と答えるため、仕事なら仕方ないのかと無理に納得しようとしていました。
ですが、帰りが遅くなってもお酒や香水の匂いはせず、むしろ、さっぱりした顔で帰ってくる日が増えてきました。

これは、怪しいと思い、束縛するようであまり気が進まなかったのですが、帰宅が22時を過ぎる日は1時間に一度、FaceTimeを使って連絡をすることを提案しました。
ここで、夫が妙に抵抗するならば、それだけで浮気のしっぽをつかんだも同然だと思っていましたが、すんなり受け入れてくれていたので、私の考えすぎだったかと安心していました。

それからは、週に3~4回ほど22時を過ぎると、いつも白い壁をバックに、FaceTimeで夫からの連絡が入ってきました。
その頃は、スナックでの接待が減って、会社で資料整理などの残業をしているということだったので、今、どこで話しているのか尋ねると、会社のトイレだと言うので、それを信じていました。
そうして、1カ月くらいは、飲んで帰ることもなく、香水の匂いもしなくなったので、いつの間にか、すっかり安心していました。

ところが、ある日、FaceTimeに写っているいつもの白い壁に、犬のカレンダーがうつりこんでいることに気づきました。
会社の男性用トイレにそんなカレンダーがあるのか?と疑問に思いましたが、そんなこともあるかもしれない…と3日は黙っていたのですが、花柄のタオルまでうつった時には、もう我慢できず、その日、何食わぬ顔で帰ってきた夫を問い詰めると、ずっと不倫相手の部屋のトイレから連絡していた、と言うので、それからは毎日、夫の退社時間に会社に迎えに行くことにしました。
今は、反省しているようですが、完全に別れたと確信できるまで夫を迎えにいくことを決めています。

浮気調査で夫・妻の不倫の証拠を掴む方法と体験談

夫のカーナビの履歴にラブホテルが!浮気調査の結果はクロでした。

夫が仕事の繁忙期ではないにも関わらず、帰宅時間が遅くなったり休日出勤が増えていったことから、浮気を疑いました。

ある時、夫が車をおいて家を空けたことから、夫の車に子供を乗せて郊外へ出かけました。
そして、カーナビで目的地を設定しようとした際に、誤って目的地履歴のボタンを押してしまいました。
カーナビの履歴には夫が普段行かないような郊外のレストランや百貨店の名前が出てきて、一番下にはホテルの名前が。

私は夫が他の女性と一緒に車にのっていたことを疑い、浮気調査に関することを調べていきました。当然、
浮気が事実なら即離婚を決意してのことです。
子供が小さい状態なのに浮気をする夫なら、取れるものはすべて取って離婚してやる!という気持ちでいました。

ただ、私も仕事を持っている傍ら、夫の日ごろの行動など調べることはできないため、探偵事務所に相談して浮気調査をしてもらうことになりました。
私は探偵と連携して、夫の連絡してきた内容をすべて報告。
自分も調査の一端を行い、夫の車に機材をつけたりして行動を調べました。

夫は日中から車でラブホテルに入り、その様子をスマホで位置検索して浮気が完全に発覚。
探偵が撮影したデータには、夫と浮気相手の女が映っているのがはっきりとわかりました。

その後、証拠をつかんだ私は離婚の条件を決めて書類を揃えました。財産分与、親権、住宅のローン、養育費など。
私の希望を提示した上で、行政書士に書類を書いてもらい、証拠と一緒に夫につきつけました。

夫はすべてを白状し協議離婚が成立。
しかし、相手の女との気持ちは本気だったようで、離婚後は2人で生活しているようです。
家は私と子供たちが住むことになり、住宅ローンは夫が負担。親権も私がとり、養育費も決着がつきました。
 
探偵がとった証拠があれば、たとえ調停に訴えても私の要求が通ると判断し、夫は条件に納得して離婚を受け容れたようです。

浮気調査で夫・妻の不倫の証拠を掴む方法と体験談