浮気調査はまず携帯の通信履歴・メールから!

浮気の証拠集めの基本は、携帯電話・スマートフォンのチェックからと言われています。
それはなぜでしょうか?
理由は簡単です。
「不倫相手との親密なメールや、複数回にわたる深夜の通信履歴、撮影した画像や動画のデータが残っている」から。

ですから、浮気調査をする際には、まず携帯電話やスマートフォンのチェックをしなければなりません。
この行動が後から「人の電話を見るなんて最低だ」「人間性を疑う」なんて言われることもあるかもしれません。

しかし嫉妬や束縛からこういう行動をとるのと、浮気調査のためにチェックをするのとはまったく意図が異なります。
探偵は、相手の携帯電話の中身を調べることまではさすがにできません。
ご自身で調査して証拠をつかみ、かつ保存をする必要が出てきます。

まず、大事なのは「浮気相手と思われる人の連絡先の確保」です。
頻繁に連絡を取り合っている人は要チェック。
なかには、「登録名を男性の名前や会社名にしている」というケースもありますので、メールの内容も合わせて確認しておくことをおすすめします。

その際に、メールの内容をあなたの携帯に転送するようにこっそり設定しておく…というのもいいかもしれません。
履歴が消されている場合には、携帯電話の会社から通信履歴を取り寄せられるか、調査してみましょう。
こちらも保存をおすすめします。

怪しいメールがなかった場合には、予測変換機能を利用してみましょう。
「あ」⇒会いたい、愛しているなどの単語が予測変換で出ていたら、いかにも怪しいですよね。
これは証拠としては活用できませんが、浮気をしているかどうかを見極めるきっかけにはなりそうです。

これ以外にも
・携帯電話をロックするようになった
・コソコソと深夜に通話をしたり、メールをしたりしている
・携帯電話を触られることを嫌がる
・電話がかかってきても、出ないことがある
といった行動は、浮気の疑いがあります。

浮気をしている人は、携帯電話に何かしらの痕跡を残しているもの。
それは疑いようがない事実です。
探偵に依頼することが決まっていた場合には、「携帯電話のどこを調べればいいですか」「どんなものが証拠として認められますか」など、細かく確認しながら作業を進めてもいいかもしれません。

また、相手の電話番号やメールアドレスしかわからない場合には、それを探偵に伝えて身元を調査してもらうことができます。
ちなみに費用は、頼む内容や稼働日数によって変わってきます。
携帯電話を自分で調査する分には費用がかかりませんから、自分で集められるだけ証拠を集め、後は探偵にお願いする人も多いようです。

浮気調査で夫・妻の不倫の証拠を掴む方法と体験談

浮気調査を探偵に依頼するのは理由は?

「浮気の証拠集めなんて、実際のところは誰にでもできそう。簡単に見える」
「こっそり尾行をして、写真や動画を撮ればいいだけじゃないの?」
「探偵に頼むくらいなら、自分でやったほうが安く上がるのではないか」
という意見があります。

しかし、そんなに浮気調査は甘いものではありません。
「尾行をしていたら、すぐに見失ってしまった」「証拠を集めようとしていたら逆にそれを悟られ、メールや画像を消去されてしまった」という人は、少なくないのです。

それに、浮気調査ができるだけの時間の余裕がある人はなかなかいません。
「昼間は仕事で忙しい」「小さな子供がいるから、その子を一人にして出かけられない」という理由をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そういう時に、探偵に浮気調査を依頼すればいいのです。
早ければ数日で証拠が入手できるでしょう。

ちなみに、探偵が浮気調査として行う内容といえば、やはり「尾行」です。
尾行をすることで、ターゲットがいつ、どのようなサイクルで不貞行為をしているのかを掴みます。

そして、「ホテルや相手の家に入る瞬間の写真」「車内でキスや抱擁をしている写真」などを物証として押さえ、依頼者に渡すのです。
こういった写真は明らかに不貞行為が存在したという証拠になりますから、離婚の調停や裁判においても非常に有利になります。

また、明らかに不倫が原因での育児放棄があった場合には、きちんと形にして残すことで、男性側が親権をとるための“切り札”になる可能性もあります。
そのためにも、はっきりとした浮気の証拠を手に入れることができる探偵事務所の調査を、上手に利用する必要が出てくるでしょう。

もちろん、自己流のやり方で調査を行う人もいます。
ですが、いざ不貞行為の現場を目撃してしまって、カーッとなってしまいその場に飛び出してしまったり、生々しい現場の雰囲気にショックを受けてしまい大きな心の傷を負う人もいらっしゃいます。

冷静さを保ち、有利な条件で離婚するためにも、プロである探偵任せたほうがいい場合もあるのです。
浮気をしたパートナーとその相手にキッチリ制裁を加えるためにも、落ち着いて交渉するための証拠を集めましょう。

浮気調査で夫・妻の不倫の証拠を掴む方法と体験談

浮気調査にGPSってどうなの?

浮気調査をする際に、GPSを活用している現場が増えているそうです。

そもそも、『GPS』とは何なのか、ご存知でしょうか?
「Global Positioning System」の略称で、あらかじめ設定をしておけば、その機器がどこの場所にあるのかを割り出してくれる機能を備えているものです。
いわゆる「キッズケータイ」などに搭載されていることも多いので、ご存知の方もたくさんいるでしょう。

この「GPS」は、浮気調査で大活躍すると言われている理由は、ズバリその機能にあります。
尾行をする時に、パートナーの車のトランクや座席の下、ダッシュボードなどに隠しておけば、どこに移動したのかが一目でわかります。

また、バイクなどの尾行しにくい乗り物を愛用しているターゲットでも安心して尾行できます。
なんとカバンに入れることができるほど、超小型の機器も存在するそう!

GPSを上手に利用すれば、
「ラブホテル街に移動した」
「相手の家に入り、数時間出てこない」
といった浮気にありがちな相手の動きを掴みやすく、見失うこともありません。
リアルタイムで、相手の位置を確認することもできます。

また、パソコンやスマートフォンさえあれば、その場で位置を確認することも可能です。
証拠の写真や動画を撮影する際にも、非常に役立つと言われています。
探偵事務所も浮気調査をする際に、GPSを使うところが増えているそうです。

なお、探偵事務所によっては、機器をレンタルしているところもあるそうです。
浮気をしているという確信が持てないけれど「相手の行動パターンを把握しておきたい」「相手や家族には、浮気調査をしていることを絶対に知られたくない」「予算をかけずに、こっそり調べたい」という顧客に受けているそうです。

このようなGPS機器は、機械が苦手な人、特に女性にとっても操作が簡単なように作られています。
取り付けも簡単だそうです。
探偵社によってその費用は違いますが、探偵に直接浮気調査を依頼するよりはリーズナブルだと言われています。
ただし、多忙な方や家をなかなか空けられないような方は、探偵事務所に依頼したほうが確実に証拠を手に入れることができるでしょう。

浮気調査で夫・妻の不倫の証拠を掴む方法と体験談

友人からの連絡で浮気発覚!2人の連携プレイで調査した体験談。

妻がいつものように仕事に出かけた日の夕方、妻の会社にいる私の友人から電話がありました。
「奥さん最近仕事休みがちだけど大丈夫なん?」

私は妻が仕事を休んでいることを初めて知り、その友人に詳しい話を聞いてみました。
すると、友人はためらうように「実は、営業してる途中で、奥さんの車が昼間から知らないアパートに停まってるの見ちゃったんだよね。」

この話を聞いた私は妻が他の男の家に行っているのではないかと思い、初めて浮気を疑いました。
その後、1か月間ほど友人に調査に協力してもらい、営業の途中にそのアパートを見てもらうことにしました。

結果は、昼間に行っていることもあれば、仕事終わりの夕方1時間くらい行ってることもあるとのこと。
私は浮気の証拠をとってやろうと、これまでどおりの夫婦を演じながら、友人に調査協力を求めました。

友人にビデオカメラを持たせ、妻の車がそのアパートに停まっている様子を何度も撮影してもらいました。
さらに、決定的だったのは、アパートの部屋から妻と男が一緒に出てきたシーンが撮影されたことです。
そして、この映像をもって妻を問いただしたところ、妻は最初は反論したものの、しぶしぶ浮気を認めました。

私は怒りをぶちまけ、妻に離婚を宣告子供の面倒はすべて私が見ることになり、妻には家を出ていってもらいました。
財産など細かいことはあとで話しましたが、浮気の証拠がとれたときは怒り心頭で、さっさと妻には家を出ていってもらいたいという一心でした。

結果として協議離婚になりましたが、調停などにはもちこまず、私の怒りで離婚の条件をすべてのませるかたちとなりました。
友人からの連絡や協力がなければ、私は妻の浮気を知らずに夫婦としてだまされ続けていたかもしれません。

浮気調査で夫・妻の不倫の証拠を掴む方法と体験談

元カノのブログを見て浮気していることが発覚!

付き合っていた彼氏と出会った頃には、彼女がいました。
しかし東京と福島という遠距離恋愛で、頻繁には合えない状態でした。
職業も3交代制で忙しい中、彼女が頻繁に送ってくるメールや電話に対応できなくなり、彼は疲れていました。

仕事も3交代制、電話やメールに返答を直ぐにしなければ、直ぐに泣き出してしまう始末。
挙句、仕事で会えないといっているのにも係わらず突然、東京の家に来たりしてとても迷惑がっていました。

同じ社内のスポーツサークルに所属していた彼から相談を受けているうちに、彼は元カノと分かれるという決断をしました。
そしてブログにも、「もう○○とダメかも、別れるってことかな?絶対に嫌」というような投稿が合った為に、完全に別れたと思っていました。

同じ職場で3交代制でお互い不規則な勤務の為、合う頻度は少なかったものの職場のスポーツサークルで一緒に活動をしているので次第に交際に発展しました。
仕事とスポーツで忙しいので当然、浮気を疑うということもなかったのですが、彼女のブログを見ていたところ、それでも懲りずに連絡を取り続けていたようです。

「フェイスブックで共通の友達にはいいね推すのに、何で私のには押してくれないの?」「メールも電話も一切出てくれない」といった内容でした。
安心しきっていたのですが、職場のサークル以外の試合に彼が参加をする事になりました。
私も同日、別の地区の大会に参加をする事になって、見に行くことができなかったのです。

彼の出ていた試合の対戦相手に、私の知人もたまたま参加していて「だいぶ仲よさそうにしてた女性が見に来てたけど大丈夫?まだ付き合ってるんだよね?」と一通の連絡が入りました。
そんな時、ふと元カノのブログを見たところ「昨日、急遽連絡があって東京に遊びに来ました」というところから始まり、「今日は試合観戦、打ち上げの飲み会では普段かの次女だと隠しているのに、みんなの前で彼女だと紹介してくれました!」という内容の投稿がありました。

事実確認をしようと連絡をしましたが、電話には出ずメールもスルーされた状態でした。
ちょうど、時期的に3月の試合で4月にお互い辞令が出て異動となり顔を合わせることがなくなりました。

しかし、暫くして浮気されていた相手のブログに「やっぱりダメなんだ。修復は不可能なのかな。」という投稿がありました。
ちょうどその時期に、相手から連絡が有り家に来ることになりました。

最終的には二股をかけていたことを認め、私とも二股をかけていた相手とも別れるという結論でした。
最終的には、同じ競技をやっている別の女性とお付き合いをし入籍をされたようですが、ブログから浮気をしていることが発覚し、世の中は便利になりましたが情報が交錯する中で自分自身も発言には気をつけないと感じた出来事でした。

浮気調査で夫・妻の不倫の証拠を掴む方法と体験談