MENU

パートナーが不倫してるかもと思ったら浮気調査をお勧めします。

恋人やパートナーの様子が、最近おかしい・・・
それはもしかすると、相手の浮気の兆候をあなたが敏感に感じ取っているのかもしれません。
些細なしぐさや習慣の変化などから、パートナーの裏切りに気付くパターンが多いと言われています。

 

そして、やった側とされた側では考え方にだいぶ違いがあるという話をご存知でしょうか。
やった側は「たかが浮気」「一度の過ちくらい、大目に見てほしい」「つい、はずみでやってしまった」などと軽く考えている人も少なくありません。
それとは反対に、されてしまった側の方は、非常につらい思いをすることが多いのです。

 

ふとしたはずみに、浮気された事がフラッシュバックしてしまう。
パートナーにまだ愛情があるが、信じようとしてもどこかで「また裏切られているのではないか」と思ってしまう。

 

このような気持ちのまま、
「浮気をされているのか確認するのが怖い」
「この幸せが壊れてしまうくらいならば、いっそ目をつぶったほうがいいのではないか」
と、浮気調査で真相を確認することすらせずに、自分の気持ちにふたをしてしまう方もいるようです。

 

ですが、そのまま疑念を放置してしまうと、そのモヤモヤとした気持ちはいつまでもあなたのなかでくすぶり続け、いつか爆発することになるでしょう。
そのためにも、探偵を雇って念入りな浮気調査をするのをお勧めします。

 

 

不倫するのは、夫ばかりではありません

 

昔からの言葉に、「浮気は男の甲斐性」というのがありますよね。
しかし、今や不貞行為をしているのは夫ばかりではありません。
ある探偵社の調査データによると、既婚女性全体の約二割が浮気の経験者とも言われています。

 

弁護士の意見によると「性格の不一致」と言われる離婚事由のほぼ半分が、不倫が原因だそうです。
浮気で離婚する時代は、もはや珍しくないのです。
決して他人事ではありません。

 

浮気調査〜夫(男性)の場合〜

 

男性が不倫をしている際の兆し・サインです。
あなたの夫や婚約者の彼氏にこのような兆候を感じたら、探偵社に調査の依頼を検討するべきかもしれません。

 

夫の浮気の兆候

・頻繁に携帯電話やスマホをいじり、頻繁にメールや電話をするようになった。
・ファッションが若返る。
・若い女性の人気のアーティストや有名人、ブランドに詳しくなる。
・急に残業や休日出勤が増えた。
・助手席に誰かを乗せた形跡がある。
・夜の営みを拒否するようになる。

 

このような傾向が見られるようになったら、あなたの夫は浮気しているのかも!

 

 

 

 

特に気を付けたいのは、「別居」をしている夫婦です。
「仕事が忙しいから、職場の近くにマンションを借りたい」
「ケンカが多いから、少し離れて暮らしたい」
と言われたら、もしかしたら不倫相手と暮らすつもりなのかもしれません。
何か理由をつけて別宅を持とうとする夫なら、疑ってみるべきです。

 

浮気調査〜妻(女性)の場合〜

 

この場合、生活パターンが違う事を考える必要があります。
妻の浮気は昼間に行われることが多く、会社に勤めている夫が自らその調査をするのは難しい事が殆どです。
職場に理解があり、有休を自由にとれるのならば別ですが、なかなかそういうわけにはいかないでしょう。

 

妻の浮気の兆候

・家事をしなくなる。食事は毎日惣菜を購入するなど手抜きが増え、洗濯や掃除の回数が減る。
・子どもに構わなくなる。
・夫に触れられるのを嫌がるようになる。
・夜の営みを拒否するようになる。

 

しかし、これだけでは浮気の証拠になりません。
不倫相手と確実に接触しているという物証を得るには、尾行調査をする必要があるでしょう。
ただし尾行のテクニックがない素人は、何をしていいか迷ってしまうのが多いのも現実・・。
夜間の浮気調査に伴う証拠写真撮影には、専用のカメラ・機材も必要です。
そういう時のために探偵がいるのです。
浮気の調査や尾行は、プロに任せたほうが成功しやすいでしょうね。

 

カッとして相手を追い詰めると、逆効果の場合もある

 

浮気をしているらしき証拠を見つけた時に、逆上してパートナーをすぐ問い詰めてしまう人も多いようですが・・
しかし、これは最善の策とは言えません。
物証を集めきっていない、もしくは保存していない状態で相手に「浮気をしていないか」と怒鳴りつけたりすると、その証拠を隠滅されてしまう可能性があります。
物証を消されたり、より手口が巧妙になったりするかもしれません。
そのためにも、しっかりと浮気の調査を行い、証拠を集めてから話し合いの場を持つべきでしょう。
お互いの両親や不倫相手と離婚にあたっての協議をする場合にも、きちんとした裏付けがあれば大きな助けになってくれます。
浮気調査をしていないがために、証拠が揃わず
「私は何もしていない!」
と主張されて押し切られてしまう事も有り得るのです。

 

 

浮気調査を興信所に依頼するメリット

 

探偵に依頼するメリットとは、どんなものがあるのでしょうか?

 

それは、より確実に証拠を入手できる、という点にあります。
たとえば、自分で浮気の調査を行って物証を手に入れ、離婚の調停や裁判に持ち込む方もいらっしゃいます。
ですが、これが簡単なようで、非常に難しいのです。

 

裁判所で認めらるのは?

浮気の証拠として利用できるものといえば
・不貞行為やそれに準ずる行為を撮影した写真や動画
・不倫相手と交わした、不貞行為や交際を匂わせるメール
・ラブホテル等の宿泊施設に入っていく写真
・浮気について触れている会話を録音した音声
などがあります。

 

 

 

 

ですが、浮気を巧妙に隠している人の場合には、メールや写真などのデータを残さなうようにしているケースも多いもの。
そういう場合には、「尾行調査」が必要になります。
しかしながら、一般の方の場合には「昼間に浮気をされているようだが、自分も仕事中なので確認できない」「運転免許がないので、車で移動された時には尾行できない」「一度に挑戦してみたが、バレてしまった」といった例もあるようです。
ですから、探偵に浮気調査を頼み、確実に証拠をゲットすることがスムーズに離婚するための近道でもあるのです。

 

婚姻関係の解消と慰謝料

ちなみに、離婚は有責者の側から申し出ることはできません。
つまり、浮気をされた側が「離婚したい」と言うことは可能ですが、やった側が「不倫相手と結婚したいから、別れよう」と言っても、法律的には認められないのです。
また、別れる際には、結婚してから貯めたお金や購入した不動産などを分け合う「財産分与」を行います。
ですが、浮気などが原因で離婚する場合には、財産分与分以外にも相手に慰謝料を請求することができます。

 

なかには「妻の側が不貞行為を働いたとしても、夫は女性にお金を支払わなければならない」という勘違いをしている方もいます。
これは大きな間違いで、慰謝料に性別は関係ありません!
男性は女性に請求しても問題ないのです。
つまり浮気をされた側の人は、自分のパートナー、そしてその不倫相手に慰謝料を請求することができるということです。

 

また、子どもがいる場合には、その養育費を請求することもできるでしょう。
養育費はまとめて請求することもできますし、毎月振り込んでもらう方法で取り決めることもできます。

 

しかし、慰謝料や養育費を確保するためには、浮気調査でしっかりとした証拠を確保しておく必要があるでしょう。

 

そして請求ができるのは、何も結婚している間柄に限りません。
結婚はしていなくても一定期間以上同棲をしている場合には、その関係が「内縁」として認められ、浮気をされた場合には慰謝料請求をすることができます。
また、婚約者も同様です。
結婚の約束をしており、その証拠が明確に残っていた場合、裏切られたわけですから慰謝料を請求してもいいのです。
これは正当な権利です。

 

ですから、パートナーの不貞行為が発覚した場合、調査を行って物証さえしっかり押さえておけば、パートナー自身や不倫相手から慰謝料や養育費をもらうことが可能なのです。
反対に、実際に浮気をされていたとしても、その証拠が揃わなかった場合には、どうでしょうか?
その場合は、「離婚できない」「慰謝料が支払われなかった」ことにもなりかねないのです。

 

調査をすることで、関係が壊れてしまうかも・・
そう考えて現状維持しても、心が安らかになることはないでしょう。
平穏な人生を取り戻すためにも、浮気をしているかも?と感じたら、調査を依頼してみましょう。
行動しなければ、何も変わらないのですから。

 

浮気調査でオススメの興信所!

 

探偵さがしのタントくん

 

パートナーの素行が怪しい!もしかして浮気してるのかも?
そんな時は「探偵さがしのタントくん」で診断してみましょう。

 

名前・住所も不要で、匿名かつ無料で利用できるので、まずは試してみましょう。
解決できそうな結果の場合だけ、探偵事務所に浮気調査について相談すれば良いと思います。

 

探偵さがしのタントくん特徴
匿名OK!
わずか2分の簡単診断!
厳しい審査を通過した探偵社を紹介
利用料はなんどでも無料!
探偵社に個人情報は伝わらない

 

専用ダイヤル:0120-215-676

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

原一探偵事務所

この業界は小さな会社が多いのですが、原一は規模、知名度ともに業界最大手。
テレビ局や弁護士事務所などを顧客に抱え、その能力には定評があります。
浮気調査の場合は、24時間365日対応の無料電話相談を受け付けています。
まずは気軽に相談してみましょう。

 

電話番号:0120-137-375

 


>>公式サイトで詳細を確認<<

AMUSE探偵事務所

 

キャリア10年以上のベテラン調査員揃いの探偵事務所で、料金が他社と比較して低いのが特徴です。
証拠集めだけではく、相手との交渉に同席する等、きめ細かい相談が可能です。
浮気調査失敗時の費用全額無料キャペーンを実施中!
今一番おススメの探偵事務所です。

 

電話番号:0120-501-813

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

総合探偵社TS

 

浮気調査成功率98.4%の実績の興信所。
探偵学校も運営しているため調査力に優れているのは当然ですが、夫婦カウンセラーの有資格者が在籍しているため、離婚のための証拠集めだけではなく、復縁のためのアドバイスを受けることができるのが特徴です。

 

電話番号:0120-501-729

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

浮気調査対応地域:
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、山梨、長野、新潟、富山、石川、福井、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、岡山、広島、鳥取、島根、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

 

浮気調査を探偵に依頼するのは理由は?

「浮気の証拠集めなんて、実際のところは誰にでもできそう。簡単に見える」
「こっそり尾行をして、写真や動画を撮ればいいだけじゃないの?」
「探偵に頼むくらいなら、自分でやったほうが安く上がるのではないか」
という意見があります。

 

しかし、そんなに浮気調査は甘いものではありません。
「尾行をしていたら、すぐに見失ってしまった」「証拠を集めようとしていたら逆にそれを悟られ、メールや画像を消去されてしまった」という人は、少なくないのです。

 

それに、浮気調査ができるだけの時間の余裕がある人はなかなかいません。
「昼間は仕事で忙しい」「小さな子供がいるから、その子を一人にして出かけられない」という理由をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そういう時に、探偵に浮気調査を依頼すればいいのです。

 

早ければ数日で証拠が入手できるでしょう。
ちなみに、探偵が浮気調査として行う内容といえば、やはり「尾行」です。
尾行をすることで、ターゲットがいつ、どのようなサイクルで不貞行為をしているのかを掴みます。
そして、「ホテルや相手の家に入る瞬間の写真」「車内でキスや抱擁をしている写真」などを物証として押さえ、依頼者に渡すのです。
こういった写真は明らかに不貞行為が存在したという証拠になりますから、離婚の調停や裁判においても非常に有利になります。
また、明らかに不倫が原因での育児放棄があった場合には、きちんと形にして残すことで、男性側が親権をとるための“切り札”になる可能性もあります。
そのためにも、はっきりとした浮気の証拠を手に入れることができる探偵事務所の調査を、上手に利用する必要が出てくるでしょう。

 

もちろん、自己流のやり方で調査を行う人もいます。
ですが、いざ不貞行為の現場を目撃してしまって、カーッとなってしまいその場に飛び出してしまったり、生々しい現場の雰囲気にショックを受けてしまい大きな心の傷を負う人もいらっしゃいます。
冷静さを保ち、有利な条件で離婚するためにも、プロである探偵任せたほうがいい場合もあるのです。
浮気をしたパートナーとその相手にキッチリ制裁を加えるためにも、落ち着いて交渉するための証拠を集めましょう。

 

浮気調査で探偵を利用する際の注意

探偵に尾行を依頼すると調査時間にもよりますが数十万もの出費が発生します。
浮気調査のためにそれだけのお金をかけるというのは馬鹿馬鹿しいと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、ご自分で浮気調査をするのはお勧めしません。

 

旦那や妻、恋人を尾行したとしましょう。
自分が知っている人間というのはその他大勢の人よりも目につきやすいです。
そのため、尾行が失敗する確率は非常に高いと言えます。

 

また、警戒しすぎて距離をあけたために相手を見失ってしまうことも十分考えられます。
では、はじめに自分で尾行をして失敗したらプロの探偵に頼めば良いのではとお考えになるかもしれませんが、それはあまり良い選択とは言えません。
いくらプロの探偵でも、尾行を警戒している人物を相手にすれば失敗する可能性が非常に高くなります。

 

もし自分で一度尾行して相手に見つかっていたなら、相手は別の人の尾行にも警戒することは間違いないでしょう。
探偵に尾行を依頼すれば例え失敗しても費用が発生するので、失敗する確率が高い状態で依頼をするのは得策とは言い難いです。
成功報酬を謳っている興信所もありますが、そういった興信所に依頼しても手付金が発生します。

 

また、何を以て成功なのかをはっきりさせておかなければ、望んだ調査結果を得られずに調査費用だけ取られてしまう場合があるので注意が必要です。
浮気の証拠を掴むためには金額には目を瞑ってはじめから探偵を雇うのが一番の近道と言えるでしょう。

 

浮気調査費用がいくら掛かるか心配ですか?

浮気の証拠集めを探偵に頼もうかな?と思った時に、最初に気になるのはやはり「料金」でしょう。
探偵社を利用したいけれど、どのくらいの調査費用がかかるのか見当もつかないという人もいるのでしょう。

 

こんな時には、まずは気になっている探偵社のホームページを確認してみることをおすすめします。
ちゃんとした探偵社であれば、料金表の一覧を掲載しているでしょうから、そこで大体の費用の目安を知ることができるでしょう。

 

ただし、浮気調査はケースバイケースです。
1〜2日ですぐに証拠を掴むことができ、「ラブホテルや相手の家に入っていく画像や動画」や、どのようなスケジュールで不倫をしているのかをすぐに確認できる場合もあります。
「浮気や不貞行為について、もしくは恋人同士のように語り合っている会話を録音した音声データ」なども、証拠になるかもしれません。

 

ですが、不倫相手に頻繁に会わないようにしている、手口が巧妙でわかりにくいような不貞行為の場合には、尾行や張り込みも長期化する傾向にあります。
特に、以前浮気がバレた経験がある人や仕事が多忙な人がターゲットの場合には、より調査が困難になることもあるでしょう。
そうなってきますと、費用もだいぶ変動するかもしれません。

 

また、事務所によっても料金が変わってきます。
探偵は無資格で始められるものですから、探偵事務所のなかにはあまり質の良くないところもあります。
「低料金だから優れている」というわけではありませんので、その点には気をつけましょう。

 

浮気調査にあたって金額が気になる方は、まず探偵と直接会い、話を聞いた上で見積もりして貰いましょう。
・質問に答えず、費用をアップするための話ばかりしてくる
・説明や見積もりに曖昧な点が多い
・感じが悪い、誠実ではない印象を受ける
このような印象が残った場合には、他の探偵事務所をあたったほうがいいかと思います。

 

浮気調査は、1週間で数十万〜百万円ほど費用かかるというデータもあります。
これだけの大金を支払うのですから、信頼できる探偵社を選びたいもの。
そのためにも、探偵社の質は吟味しましょう。

 

浮気調査にGPSってどうなの?

浮気調査をする際に、GPSを活用している現場が増えているそうです。
そもそも、『GPS』とは何なのか、ご存知でしょうか?
「Global Positioning System」の略称で、あらかじめ設定をしておけば、その機器がどこの場所にあるのかを割り出してくれる機能を備えているものです。
いわゆる「キッズケータイ」などに搭載されていることも多いので、ご存知の方もたくさんいるでしょう。

 

この「GPS」は、浮気調査で大活躍すると言われている理由は、ズバリその機能にあります。
尾行をする時に、パートナーの車のトランクや座席の下、ダッシュボードなどに隠しておけば、どこに移動したのかが一目でわかります。
また、バイクなどの尾行しにくい乗り物を愛用しているターゲットでも安心して尾行できます。
なんとカバンに入れることができるほど、超小型の機器も存在するそう!

 

GPSを上手に利用すれば、
「ラブホテル街に移動した」
「相手の家に入り、数時間出てこない」
といった浮気にありがちな相手の動きを掴みやすく、見失うこともありません。
リアルタイムで、相手の位置を確認することもできます。
また、パソコンやスマートフォンさえあれば、その場で位置を確認することも可能です。
証拠の写真や動画を撮影する際にも、非常に役立つと言われています。
探偵事務所も浮気調査をする際に、GPSを使うところが増えているそうです。

 

なお、探偵事務所によっては、機器をレンタルしているところもあるそうです。
浮気をしているという確信が持てないけれど「相手の行動パターンを把握しておきたい」「相手や家族には、浮気調査をしていることを絶対に知られたくない」「予算をかけずに、こっそり調べたい」という顧客に受けているそうです。
このようなGPS機器は、機械が苦手な人、特に女性にとっても操作が簡単なように作られています。
取り付けも簡単だそうです。
探偵社によってその費用は違いますが、探偵に直接浮気調査を依頼するよりはリーズナブルだと言われています。
ただし、多忙な方や家をなかなか空けられないような方は、探偵事務所に依頼したほうが確実に証拠を手に入れることができるでしょう。

 

浮気調査はまず携帯の通信履歴・メールから!

浮気の証拠集めの基本は、携帯電話・スマートフォンのチェックからと言われています。
それはなぜでしょうか?
理由は簡単です。
「不倫相手との親密なメールや、複数回にわたる深夜の通信履歴、撮影した画像や動画のデータが残っている」から。

 

ですから、浮気調査をする際には、まず携帯電話やスマートフォンのチェックをしなければなりません。
この行動が後から「人の電話を見るなんて最低だ」「人間性を疑う」なんて言われることもあるかもしれません。
しかし嫉妬や束縛からこういう行動をとるのと、浮気調査のためにチェックをするのとはまったく意図が異なります。

 

探偵は、相手の携帯電話の中身を調べることまではさすがにできません。
ご自身で調査して証拠をつかみ、かつ保存をする必要が出てきます。

 

まず、大事なのは「浮気相手と思われる人の連絡先の確保」です。
頻繁に連絡を取り合っている人は要チェック。
なかには、「登録名を男性の名前や会社名にしている」というケースもありますので、メールの内容も合わせて確認しておくことをおすすめします。
その際に、メールの内容をあなたの携帯に転送するようにこっそり設定しておく…というのもいいかもしれません。

 

履歴が消されている場合には、携帯電話の会社から通信履歴を取り寄せられるか、調査してみましょう。
こちらも保存をおすすめします。

 

怪しいメールがなかった場合には、予測変換機能を利用してみましょう。
「あ」⇒会いたい、愛しているなどの単語が予測変換で出ていたら、いかにも怪しいですよね。
これは証拠としては活用できませんが、浮気をしているかどうかを見極めるきっかけにはなりそうです。

 

これ以外にも
・携帯電話をロックするようになった
・コソコソと深夜に通話をしたり、メールをしたりしている
・携帯電話を触られることを嫌がる
・電話がかかってきても、出ないことがある
といった行動は、浮気の疑いがあります。
浮気をしている人は、携帯電話に何かしらの痕跡を残しているもの。
それは疑いようがない事実です。

 

探偵に依頼することが決まっていた場合には、「携帯電話のどこを調べればいいですか」「どんなものが証拠として認められますか」など、細かく確認しながら作業を進めてもいいかもしれません。
また、相手の電話番号やメールアドレスしかわからない場合には、それを探偵に伝えて身元を調査してもらうことができます。
ちなみに費用は、頼む内容や稼働日数によって変わってきます。
携帯電話を自分で調査する分には費用がかかりませんから、自分で集められるだけ証拠を集め、後は探偵にお願いする人も多いようです。

 

浮気の証拠|離婚の際に有利な夫・妻の浮気の証拠を掴むには?